絶対にNG!お酒や薬の摂取について

脱毛施術前の飲酒は禁止!

脱毛施術を受ける日程が決まった際には、自分なりに事前準備を済ませておくことが必要になります。肌への刺激が強い施術ですから、脱毛サロンに通う前日には、体温の上昇を伴う過度の飲酒は避けたほうが良いのです。体内に摂取したアルコールが分解されるまでの時間は個人差があるものですが、飲酒後にアルコールの血中濃度が高くなる時間は、平均して3時間程度も継続するとも言われます。脱毛施術を受ける前日には、飲み会などに誘われても、ソフトドリンクなどで済ませるのが良いでしょう。体内にアルコールが残った状態で施術を受けてしまうと、施術後に、光線過敏症などの症状を引き起こしてしまい、肌が水ぶくれのような状態になってしまうことがあります。施術前の過度のアルコール摂取は控え、トラブルの無い施術を実現させましょう。

薬を服用した際の脱毛で副作用が生じることも

脱毛の施術を受ける際には、サロンで施術を受ける方が、肌の状態を含め、健康的な状態であることが前提になります。脱毛を考える方も、人によっては、通院が必要な持病を抱えていたりと、日常的に薬を服用していたりするケースもあるものです。疾病のなかでも、糖尿病や、心臓に問題を抱え、ペースメーカーを着用している方の場合には、脱毛サロン側でも施術を受けることができないものですが、抗生物質や、抗うつ剤などの飲み薬の類を服用している場合には、脱毛施術を受けることが可能になるため、稀に施術後に肌荒れなどの副作用を生じてしまう場合もあったりします。日常的に薬を服用していながら、脱毛の施術を受けることを考える方は、事前にサロンに相談を行い、施術前の服用が可能かを確認しておいたほうが良いでしょう。